FY2022 JDA FORUM

フォーラムのプログラム

FY2022 JDA FORUM2022.11.15

 

主催:NPO法人JDA協会

後援:(一社)膜分離技術振興協会、(公社)日本水環境学会、㈱日本水道新聞社、(公財)塩事業センター、日本液体清澄化技術工業会、(一財)造水促進センター、(一社)日本機械学会、(一社)産業競争力懇談会 (COCN)(公社)日本水道協会、他調整中

期日:20221213日(火) 時間:13:0017:20

場所:WEB開催(Teams

テーマ :水資源の有効活用と最新動向~水再利用の新展開、海水の総合利用、水処理へのDX展開~

参加費:会員(法人又は個人会員)・後援団体会員 7,000円、非会員 14,000円、学生 1,000

(要旨集込み、別途案内に従いダウンロードして頂けます)

参加登録:受付中(締め切り11月末)

********************************************************************

12:30              受付

12:55               注意事項・開会宣言

13:0013:05   開会挨拶 (NPO法人 JDA協会 理事長 岩橋英夫)           

13:0514:05 第1部 水再利用の新展開

米国における水飲用再利用事情                                    <座長:松井理事>

               池端 慶祐 様(テキサス州立大学工学部イングラム校 Assistant Professor

                   

14:0515:40 第2部 海水の総合利用

     1)海水溶存資源の総合利用プロセス構築のための回収技術        <座長:東郷理事>

滝山 博志 様 (東京農工大 工学研究院 応用化学部門 教授)

 

      2)ナイカイ塩業における海水利用プロセス~マグネシウム回収の実用例   <座長:岩橋理事長>

小林 秀嗣 様(ナイカイ塩業株式会社 研究開発部 部長代理)

 

15:4017:15 第3部 水処理へのDX展開

1AIによる上水道のスマート化 〜可能性と課題〜              <座長:大西副理事長>

山村 寛 様(中央大学 理工学部人間総合理工科 教授)

 

2AIを活用したRO膜設備の最適運転                      <座長:房岡副理事長>

田中 さやか 様 (Fracta Leap株式会社 Senior Manager of Business Development

 

17:1517:20  閉会挨拶。お知らせ (NPO法人 JDA協会 理事長 岩橋英夫)

17:20           終了宣言

 

詳しくは NPO法人JDA協会HP <https;//www.japan-desaliation.jp/news/>をご覧下さい

 

 

ダウンロード
FY2022 JDA FORUM プログラム.pdf
PDFファイル 507.3 KB
ダウンロード
講師ご紹介、ご講演概要.pdf
PDFファイル 225.3 KB

参加登録方法

フォーラムへの参加登録は、本ページからお手続きができます。

下記より参加登録をするには、「注文に追加する」をクリックし、🛒 に保管します。画面右上の 🛒 のアイコンにて注文内容を確認できます。

よろしければ、「支払い手続き」をクリックした後、「お客様情報」を入力して頂き、次に「支払い方法」を選択します。

最後に「注文を確定」します。

 

参加登録

「水資源の有効活用と最新動向~水再利用の新展開、海水の総合利用、水処理へのDX展開~」への参加登録となります。

こちらに登録された方には参加URLを送付致します。参加登録は、JDA会員(法人会員または個人会員)、非会員、学生向けの3種類があり、本フォーラム後援団体の所属の方はJDA会員向け参加料を適用します。

¥7,000

WEB形式での参加について(ご案内と注意事項)

1.今回のフォーラムは、Microsoft Teams 会議方式を使用します。参加登録をされた方に限定して、本フォーラムにご参加(入室)いただける仕組みとなっています。

2.参加登録後に登録確認のメール、参加接続のためのURLを送付しますので、ご確認下さい。なお、領収書発行をご希望の方は、フォーラム開催後PDFにてお送り致しますので、別途ご連絡ください。

3.フォーラムに入室できる方は、上記ご案内を送付する方に限定されますので、ご注意のほどお願い致します。なお、使用されるデバイス(PCあるいはスマホ、タブレット)は問いませんが、Teamsのアカウント保有を前提としますので、事前にアカウントの有無とサインインできることをご確認していただくようお願い致します。